青汁のメリット

ミドリムシの59種類ある栄養素の一つの、「パラミロン」は、表面に無数の小さな穴があいていて、コレステロールなどの必要のない物質を吸収して外へ排出してくれる効果があると言われています。更に、血中尿酸値を低減させてくれる効果や、プリン体の吸収を抑制してくれる効果も期待することが出来ます。そして、今、もっと健康に欲張りな人たちが求めているものは、ミドリムシの青汁です。

もう既に、青汁にどの程度効果が期待出来るのかは多くの人たちが知っているはずです。しかし、青汁だって飲んですぐに効果が期待出来るようなものではなく、しばらくの間、効果がなくても飲み続けることに意味があります。辛抱して飲み続けることで、いつかきっといい効果が期待出来るはずです。

昔の時代は、ただ栄養を補充すればいいという考えに基づいてましたが、最新では栄養を摂る前に体の中の毒素を出すことが大事と言われています。青汁はその効果を発揮してくれるものとした期待されています。

そして、青汁にはナチュラルキラー細胞を活発にする効果があり、抗酸化作用によって免疫力や自然治癒力がアップすることを期待することが出来ます。更に代謝が活発化させることが出来ます。こんな青汁と、ミドリムシがここで合体しました。

良いと言われる理由

ユーグレナには、動物的な側面ももっているからこそ、植物ではありえない圧倒的な消化吸収率をもたらしてくれているようです。本来、植物の栄養って人体には、あまり吸収されないようです。それは、植物には、細胞に細胞壁というものがあるからです。人間が一生懸命野菜から、栄養を摂取しようと思っているものの、細胞壁が邪魔をして阻止されてしまうようです。加熱して細胞壁を壊して食べるということよりも、ユーグレナの方が全然合理的方法です。

動物の細胞には細胞壁はなく、ミドリムシも細胞壁がありません。植物由来の栄養素も高い吸収力で吸収出来てしまうというメリットがあります。ユーグレナの消化率はなんと93.1%ということなので驚異的数字です。例えばクロレラは、昔からとても健康的なモノとして知られていますが、クロレラだってせいぜい、40~60%程度の吸収率なのです。

段々と、ミドリムシの素晴らしさが理解出来てきたのではないでしょうか。そして、種類あるミドリムシの栄養素の一つである、「パラミロン」にも注目をしていただきたいですね。パラミロンは、食物繊維のように消化されにくいという性質を持っているβ-1,3-グルカンという多糖類の種類のひとつです。次でお話しします。