良いと言われる理由

ユーグレナには、動物的な側面ももっているからこそ、植物ではありえない圧倒的な消化吸収率をもたらしてくれているようです。本来、植物の栄養って人体には、あまり吸収されないようです。それは、植物には、細胞に細胞壁というものがあるからです。人間が一生懸命野菜から、栄養を摂取しようと思っているものの、細胞壁が邪魔をして阻止されてしまうようです。加熱して細胞壁を壊して食べるということよりも、ユーグレナの方が全然合理的方法です。

動物の細胞には細胞壁はなく、ミドリムシも細胞壁がありません。植物由来の栄養素も高い吸収力で吸収出来てしまうというメリットがあります。ユーグレナの消化率はなんと93.1%ということなので驚異的数字です。例えばクロレラは、昔からとても健康的なモノとして知られていますが、クロレラだってせいぜい、40~60%程度の吸収率なのです。

段々と、ミドリムシの素晴らしさが理解出来てきたのではないでしょうか。そして、種類あるミドリムシの栄養素の一つである、「パラミロン」にも注目をしていただきたいですね。パラミロンは、食物繊維のように消化されにくいという性質を持っているβ-1,3-グルカンという多糖類の種類のひとつです。次でお話しします。

ミドリムシのメリット

ユーグレナって知ってますか?最近はユーグレナがからだにとてもいいということが頻繁に言われるようになって来ましたが、ユーグレナとはミドリムシのことなのです。そう言われれば目を背ける人たちもいるでしょう。しかし、そのようなアイテムが私達の身体をとても健康にしてくれるのです。

実際にユーグレナってどの程度効果が期待出来るのでしょうか。効果的と聞いて、辛抱し2ヶ月ほど飲み続けているものの、そろそろ本当に効果があるのか誰かにもう一度聞きたくなりますよね。でも、ほとんどの人たちは2ヶ月程度ではいい効果など期待出来ないでしょうね。

ユーグレナだってもっと長い期間飲み続けて、やっと飲んで正解だったと答えが出るようなものです。ユーグレナの成分に注目してみましょう。

ユーグレナは、葉緑体を持っていて、光合成により植物性の栄養素を作り出すことが出来ます。同時にユーグレナは自ら動く性質も持っているから、動物性の栄養素も作り出すことが出来、ユーグレナ一つで、59種類もの栄養素を期待することが出来てしまうのです。今、テレビなどでユーグレナが話題になっているのも頷ける話しです。ユーグレナこそが、健康になるための一番手っ取り早い方法として考えることが出来ます。

アルツハイマーを予防すると言われて、それが嘘ではないのかもしれませんが、そこまで劇的な効果を要求するよりは、からだのバランスを整えて健康になる程度のことはしっかり役割を果たしてくれそうです。